整体師の資格を取るには|人の役に立てる仕事

勉強道具

心の声を聞く仕事です

カウンセリング

聞く姿勢を大切にしよう

心理カウンセラーの仕事内容は、相談者の悩みを傾聴して必要がある場合は専門的なアドバイスをすることです。心理カウンセラーに向いている人の性格として挙げられる事は、他人の話をしっかりと聞く姿勢を持っている人が向いています。相談者は一般的に自分の話を聞いてくれる人に安心感を抱く傾向があります。また相談者の中には誰にも言えなかった秘密を心理カウンセラーに話す場合があるために、心理カウンセラーにはしっかりとした責任感が必要となります。また相談者の秘密を守るという高い倫理観も必要となります。さらに、相談者に適切なアドバイスをするためには一般常識や広い教養も求められます。そして長期的な視点で相談者が良い方向に進むためのアドバイスをする事も求められる場面があります。

カウンセラーを目指す

心理カウンセラーや臨床心理士を目指す場合は、原則として国が指定した大学院を卒業して国家試験に合格する必要があります。近い将来は法改正によって、心理カウンセラーの国家資格の誕生が予定されています。そして国家資格であるために、難易度が高い試験という事が予想されています。そのため将来心理カウンセラーを目指す人は、学生時代にしっかりと勉強を行う必要があります。心理学は読解力も必要となりますが、統計上のデータを分析する場面もあるために数学に強いと有利です。そのため学生の段階で心理カウンセラーを目指している人は、将来に備えて国語と数学を得意分野にしておくようにしましょう。